ホーム>サービス案内>なぜシステム構築のレベルが違うのか?

なぜシステム構築のレベルが違うのか?

「システムを刷新したにも関わらず、仕事は何も変わっていない」
「費用をかけた割には、現場の入力作業が増えただけだった」

実は、このような経験はあなただけではありません。
控え目に見ても、過半数の方は「使えないシステム」を納品されています。
ではなぜ、このような問題が後を絶たないのでしょうか?

なぜシステム開発は、失敗するのか?

最初にハッキリと申し上げます。

それは業者が行う、「受身の開発」に原因があります。

依頼するあなたは、こんなシステムを作ってほしいと説明します。業者は忠実に、その内容をシステム化しようと作業を進めます。ふつうに考えれば、何も問題は起きないはずです。依頼者の要望をしっかり吸い上げ、それをシステムに置き換えるわけですから…。

ところが、現実は違います。問題は次のような形で発生するのです。

御社の顧客管理システムを、Web環境に置き換える場合です。
「誰でも、どこでも使えるよう、Webベースに変えてほしいのです。今のシステムの中身は、全てお見せしますから…」こう依頼が入ります。

「分かりました。今のシステムが分かれば、置き換えるのはカンタンですよ」 こう業者は請負うでしょう。

ところがシステム開発がスタートすると、いろいろ気づくことが出てきます。
「せっかくだから、営業マンが持っている見込客もデータベースに入れておこう」
もしかしたら、事務職の方がこう言うかもしれません。
「手入力している面倒なデータがあります。これもデータベースにあるほうが作業は楽です」

そして「この機能も追加してほしい」と業者にお願いしますが…。

この時に、受身の業者は困惑します。「それは今、初めてお聞きした内容ですので、…。ちょっと厄介なことになります。もしかしたら、追加費用がかかるかもしれません。」

依頼する側は、もちろん不満です。
「ちょっとした変更なんだから、対応してくれても良いではないか!」

成功と失敗を左右するポイントとは?

業者の言い分は、「簡単に見えても、プログラム現場では根本的な変更になります」ということです。ところが依頼者から見れば、「プログラムのことを、こちらに理解しろと言っても無理です」となります。

両者の言い分は平行線で、開発を止めることもできません。結局、追加費用を払うかそれとも不満なシステムで我慢するか、どちらかになってしまいます。

問題はひとえに、受身の姿勢で開発を進める業者にあります。依頼者にプログラムの現場を理解しろと言っても、それは無理な話です。

システム開発のプロフェッショナルであるならば、

(1)
依頼者が後々になって期待することまで、事前にできる限り予知してアドバイスする。
(2)
万一、追加機能が必要になったら、その追加機能がシステム全体に及ぼす影響を客観的に説明して、適切な対応を両者で協議する。

この2点が求められるのです。

残念ながら現実には、このようなプロフェッショナルはとても少ないです。それはありきたりな言い方ですが、結局は「経験と能力」に左右されるからです。

業界の現状と、谷尾の取り組み

富士通を経てオラクル、そしてフューチャーシステムコンサルティングで、私は発注する立場と販売する立場の両方を見てきました。システム開発の経験は、20年以上です。そこでは、お客に役立たない「ゴミシステム」の残骸もたくさんありました。

私は「ゴミシステム」を作る側には絶対回らないと、腹を決めました。ただそれは思ったほど、簡単なことではありませんでした。真のプロフェッショナルを一人一人集める必要があったからです。

私のとった選考基準は、次の2点です。

1.
実績・経験とも申し分のない、システム開発のプロであること。
2.
特定企業に所属しない、独立した人間であること。

なぜ独立した人間が必要かといえば、受身仕事のカルチャーで育った人では、真の意味で顧客の立場に立つことはできないと考えたからです。

苦労もありましたが、私の思いが通じたのか、ふつうの企業では採用できないレベルのスタッフを、集めることができました。何年かかったかと聞かれれば、私の人脈をフル回転させたので、20年かかったと言っても過言ではありません。

このようなプロフェッショナル集団が出来ると、システム開発のレベルは全く変わります。自分でも驚くほど、次元の違う開発能力を発揮できるようになりました。

それでは、どのようにシステム開発は変わったのか。

株式会社ウェブクルー
株式会社ウェブクルー
システムディビジョン取締役
増田幸太郎 様

顧客データの統合でアップセルが出来るかどうか?仮説はすでに持っていたので、早く検証したかった。しかし、踏み込んだアイディアと実装力を持つパートナーがなかなか見つからず…

詳しくはこちら
菊池ファイナンシャルグループ
菊池ファイナンシャルグループ
副社長
京谷昌美 様

さらに成長するには、アクセスからの脱却が必須課題でした。しかし、同じプロジェクトを日本のシステム開発会社に依頼したものの結局失敗…

詳しくはこちら
グローバルフォトエクスチェンジ株式会社
グローバルフォトエクスチェンジ株式会社
代表取締役
菅谷洋司 様

インターネット上に日本発の「写真流通市場」を創ろうと。しかし、システム開発会社の見積もりが高くて二の足を踏んでいました。予算を汲み取った提案が無く…

詳しくはこちら
7つの真実
システム開発の動機は色々ですが、誰もが真っ先に直面する課題があります。
それは「どこに依頼し、予算はどれ位を見込めば良いだろうか?」です。
このレポートに答えがあります。
詳しくはこちら
このページのトップへ